2017年8月7日月曜日

セリ前取引きの売上高、更新中

 先週(7月末)、ロイヤルFHの取引サイトを経由したセリ前取引き累計売上高が4,500万ユーロを超え、過去最高売上高を更新した。この額は、2016年のセリ前取引き合計売上高とほぼ同等。このことから、2017年セリ前取引きの合計売上高は、8千万ユーロに達するものと予想されている。

 売上高の増加は、セリ前取引きを利用する生産者とバイヤーが増えた事が大きな理由として挙げられる。今年に入り、生産者の約半数、バイヤーの約4分の1が、セリ前取引きを利用しており、昨年比でみると、生産者は48%の増加、バイヤーに至っては60%も増加している。
 セリ前取引き利用者が増加している背景には、生産者には価格の決定権が生産者にあること、バイヤーには顧客からの絶対の要望商品を間違いなく仕入れられることなどがある。

(8月3日 FH

~~~

セリ前取引きって、日本の花き市場では一般的でしたね。
オランダではまだ新しい試み。セリ前取引きの流通量は規制して、競りにかける物量は確保しています。




2017年8月3日木曜日

球根生産者数は減少、面積は増加

 オランダ中央統計局の調査によると、2016年のオランダの球根生産者数は、2000年と比較して約40%減少し、1,600社強となった。その一方で、一生産者の生産面積は平均8ヘクタールから16ヘクタールと2倍になった。

 品目別にみると、2000年と比較してスイセン球根生産者数は64%、グラジオラス球根生産者は53%減少した。これら品目の球根生産面積も同様に減少した。チューリップ球根生産者は47%の減少となった。
 球根生産者数の減少に反して、球根栽培面積は増加した。栽培面積は2000年よりも16%増え、26,000ヘクタールとなった。
 球根栽培面積の増加はチューリップ球根によるもので、2000年より36%増となり、2016年の全球根栽培面積の半分以上がチューリップ球根となった。

(2017年4月27日Bloembollenvisie)

2017年7月31日月曜日

施設園芸農業:大学レベルの進学に補助金

 C基金(農林業教育や開発に携わる)は、施設園芸農業の従事者がHBO(高等職業教育機関)に進学するための補助金申請を受け付ける。9月1日から今年末まで。
 
 施設園芸農業に従事するHBO卒業者は、ここ数年減少傾向にあり、新しいスタッフのHBO卒業者の割合も数年前より減少している。一方、施設園芸企業は発展を続けており、大きな企業ほど、マーケティングやロジスティックス、ICTなどの業務に高等教育を受けた社員がますます必要となってきている。また、業務の国際化に伴い、外国で活躍する可能性も高い。
 業界のHBO卒業者数増を促進するため、施設園芸業委員会では、HBO教育を受ける社員に学費補助をする事を決定した。補助金は雇用者から支払われ、まだHBO資格を持っていないスタッフに学費の50%、一人年間1000ユーロを最高額とし、期間は4年間とする。補助金枠は50名まで。
7月24日

~~~

HBOを卒業すると学士が取れるので、日本の大学と同じでしょうか。
オランダでは、年齢と学校の学年がリンクしないので、高卒や専門学校レベルの資格で勤め始め、例えば30歳になってからHBOの資格を取る人もいたりします。
農林業に関わる教育や開発を支える財団があるとは知りませんでした。
生きたお金の使い方だなと思います。


ガーデンプランツの展示会で説明してくれる人たちは、3か国語くらいは普通に話せるみたいです。

鉢物も画像競りに

 ロイヤルFHは、鉢物の画像競りを導入する。今週初めに一部の生産者とバイヤーが画像競りの導入に異議を申し立てたが、市場は当初からの計画は変更しない姿勢だ。
 鉢物の画像競りへの移行は、ロイヤルFH2020戦略の一環のひとつで、デジタル化は戦略基準となっている。市場のプレス担当は、「10月4日にアールスメアとナールドヴァイクでスタートする画像競りは、諮問委員会や顧客プラットフォーム、理事会、会員総会との調整をしっかり行った上で決定されたものだ。現在、一部の生産者とバイヤーが従来方法の鉢物競り廃止に異議を申し立てているが、市場は彼らとこの異議申し立てについて一緒に解決方法を探りたいと考えている。そのため、反対グループの4名が「鉢物競りの強化を考える」代表者グループに加わることとなった。8月1日には代表者グループの会合があり、画像素材の品質や陳列ケースの使用方法、衝動買いを誘う代案などについて話し合うことになっている。」と語った。
(2017年7月28日 Bloemisterij
~~~
切り花はすっかりデジタル化され、とうとう鉢物の番が回ってきました。
花店向けに用意したN支所内の競り場は10月1日には閉鎖(6月中旬新聞記事)。
8月1日より、使用画像と届いた商品に相違がある場合は、クレームを入れても良いことになります(7月27日記事)。競りにかかっている商品画像の信頼性を高めるためだそうですが、品目によっては咲くスピードが画像と合わないことあるので、画像に撮影日も記入する試みも行います。

花はモノ。
いけばなに合う花材は、これからもっと生産者さんを探さないと。。。

2016年5月21日土曜日

オランダ人が知っている花は、3つだけ?



 ロイヤルFHは、今年の3月に消費者の意識調査を実施し、その結果を発表した。なお、この調査はロイヤルFHの長期プロジェクトの一環で行われている。

 18歳から75歳の1,000人以上のオランダ人にいろいろな花を見せ、花ごとの好きな色や、どの花がどの季節に咲くのか、どの花が好きでどの花が嫌いか、など、様々な角度から花との関わりについてのアンケートを実施した。また、花を買う機会や買う場所についても調査した。

「ネーデルランドはフラワーランド!」(’ネーデルランド’はオランダ語でオランダのこと)
 少なくとも、これが一般的に言われているオランダのイメージだ。しかし、ロイヤルFHが行った調査の結果からは、そのイメージは浮かんでこない。調査協力したオランダ人の約70%が、アンケートで見せられた花の写真のうち、チューリップとバラ、ひまわりの名前を正しく言えたのである。他の花については半分以下の正解率で、花への認識が低くなっていることが明らかとなった。

 ひまわり、チューリップ、バラ。これらの花を知っている、と答えた18歳から75歳のオランダ人は約85%。この次にはもっと低い割合で、スイセン、ヒヤシンス、カーネーション、切り花アジサイが続く。
 調査に協力したオランダ人の70%は、トップ3の花については、写真を見て正確に花の名前が言えた。しかしこの他の花は、知っているけど名前が分からない、という反応が多かった。スイセンとヒヤシンスで60%の正解率、フリージアとガーベラは50%の正解率であった。
 これ以外の花になると正解率はもっと低くなったが、例外はカスミソウで、花の名前リストを見せただけだと41%の人が知っていると答えたにも関わらず、写真を見せたら61%の人が正しい花の名前を回答した。

 この他、多くのオランダ人は、花のかたちが似通っている、と思っていることが分かった。例えば、カーネーションをバラと言ったり、ラナンキュラスをバラやシャクヤク、ダリアと答える人も多かった。
 この他に似通っている花々は、キク、アスター、マーガレット。リモニウムをラベンダーと答えたり、トルコキキョウをカーネーションと答えたりする人も多かった。

 FHは2014年にも同様の調査を行っている。当時もトップ3はバラ、チューリップ、ヒマワリだったが、花を知っている人は90%、写真を見て正確に名前が言えた確率は80%だった。他の主要な花に関しても同様な数字の動きから、今回の調査結果は、オランダ人の花についての認識・知識が落ちてきていて来ていることを示している。
(2016年5月17日Bloemenkrant)

~~~

案外とショックな結果です。
街中にあれだけスイセンが雑草のように植わっているのに、きっと黄色の塊か雑草にしか見えてなかったのか。
でも、最近は、花だけを見るとバラと見間違うようなラナンキュラスもあるので、少しは仕方ないかもしれませんね。


キューケンホフ公園だって、チューリップばかりではありません。

4月

5月

え、キク?とまじまじ見てしまったキクの切り花

2016年2月13日土曜日


オランダのバラ生産、アフリカ産と競合し15年間で大幅な減少

オランダ統計局の発表によると、オランダのバラ生産者数は、2000年には765件あったのが2015年には120件まで減少した。この減少は主に、アフリカのバラ生産と大きく競合したのが原因である。

オランダ国内のバラ生産面積も大幅に減少している。2000年には932ヘクタールあった生産面積は、2015年には283ヘクタールまで落ち込んだ。その一方で、一生産者あたりバラの生産面積は、1.22ヘクタールから2.36ヘクタールと広くなっている。
生産地域別にみると、南ホーランド州での生産が全体の3分の2を占めており、生産の盛んな地域トップ10のうち、7つまでが南ホーランド州に集まっている。

オランダのバラの輸入額は、2000年頃は2億1千6百万ユーロだったのが2015年には5億7千5百万ユーロまで増え、そのうちの70%はアフリカ産となっている。そのアフリカでは、多くのオランダ人生産者がバラ生産に携わっている。また、輸入バラの95%はオランダのマーケット向けである。

バレンタイン向けだと思うけど、一体どんな人が買うのかなぁ。

(2016年2月12日 Nu.nlより)

2016年1月17日日曜日

オランダ、2015年の花卉輸出高、過去最高の56億ユーロ

 オランダ花卉輸出卸業協会によると、2015年のオランダの切り花、グリーンの輸出高は、予想を超える56億ユーロとなり、過去最高となった。 為替の大きな影響や、鉢物の動きの鈍さ、販売先国ごとの大きな違いなど、様々な要因がある中で、卸業各社は柔軟かつ能率的にマーケットに対応した結果と言えるだろう。 

 2015年12月の売り上げ高が予想以上に伸びて4億4千4百万ユーロとなり、輸出総額を5%以上も押し上げた。2015年12月の売上高は、月間売り上げ、四半期売り上げ(前年比6.1%増)、年間売り上げで記録を更新した。 予想されていた2015年の輸出総額は、前年比3.4%増の55億ユーロであった。

 2016年1月14日VBG.NL

 ~~~~

超超久しぶりに、ブログを書いています。 
 2015年はなんと一度もこちらにアップしていませんでした。 ちゃんと生きていて、それなりに記事も読んで、仕事もしていたんですけど。。
  こんなに何にもアップしていないブログのくせに、なぜか訪問者は(引っ越し前のブログも含め)いらっしゃる。ありがとうございます。
  書かなくても覚えてられる!って思いながら記事を読んで、やっぱりいろいろ忘れています(汗)。
 とりあえず、以下、自分自身の備忘録です:

 F市場の2020戦略。
 財務部長突然の辞任。2月末まで。 
キクの水耕栽培実験。
 球根栽培とドローン。 
チューリップデー。 バラとLED。

 うう、、これ以上覚えてない(泣)。
 今年の目標になるか?!ブログの更新、頑張ります。