2017年8月7日月曜日

セリ前取引きの売上高、更新中

 先週(7月末)、ロイヤルFHの取引サイトを経由したセリ前取引き累計売上高が4,500万ユーロを超え、過去最高売上高を更新した。この額は、2016年のセリ前取引き合計売上高とほぼ同等。このことから、2017年セリ前取引きの合計売上高は、8千万ユーロに達するものと予想されている。

 売上高の増加は、セリ前取引きを利用する生産者とバイヤーが増えた事が大きな理由として挙げられる。今年に入り、生産者の約半数、バイヤーの約4分の1が、セリ前取引きを利用しており、昨年比でみると、生産者は48%の増加、バイヤーに至っては60%も増加している。
 セリ前取引き利用者が増加している背景には、生産者には価格の決定権が生産者にあること、バイヤーには顧客からの絶対の要望商品を間違いなく仕入れられることなどがある。

(8月3日 FH

~~~

セリ前取引きって、日本の花き市場では一般的でしたね。
オランダではまだ新しい試み。セリ前取引きの流通量は規制して、競りにかける物量は確保しています。




2017年8月3日木曜日

球根生産者数は減少、面積は増加

 オランダ中央統計局の調査によると、2016年のオランダの球根生産者数は、2000年と比較して約40%減少し、1,600社強となった。その一方で、一生産者の生産面積は平均8ヘクタールから16ヘクタールと2倍になった。

 品目別にみると、2000年と比較してスイセン球根生産者数は64%、グラジオラス球根生産者は53%減少した。これら品目の球根生産面積も同様に減少した。チューリップ球根生産者は47%の減少となった。
 球根生産者数の減少に反して、球根栽培面積は増加した。栽培面積は2000年よりも16%増え、26,000ヘクタールとなった。
 球根栽培面積の増加はチューリップ球根によるもので、2000年より36%増となり、2016年の全球根栽培面積の半分以上がチューリップ球根となった。

(2017年4月27日Bloembollenvisie)

2017年7月31日月曜日

施設園芸農業:大学レベルの進学に補助金

 C基金(農林業教育や開発に携わる)は、施設園芸農業の従事者がHBO(高等職業教育機関)に進学するための補助金申請を受け付ける。9月1日から今年末まで。
 
 施設園芸農業に従事するHBO卒業者は、ここ数年減少傾向にあり、新しいスタッフのHBO卒業者の割合も数年前より減少している。一方、施設園芸企業は発展を続けており、大きな企業ほど、マーケティングやロジスティックス、ICTなどの業務に高等教育を受けた社員がますます必要となってきている。また、業務の国際化に伴い、外国で活躍する可能性も高い。
 業界のHBO卒業者数増を促進するため、施設園芸業委員会では、HBO教育を受ける社員に学費補助をする事を決定した。補助金は雇用者から支払われ、まだHBO資格を持っていないスタッフに学費の50%、一人年間1000ユーロを最高額とし、期間は4年間とする。補助金枠は50名まで。
7月24日

~~~

HBOを卒業すると学士が取れるので、日本の大学と同じでしょうか。
オランダでは、年齢と学校の学年がリンクしないので、高卒や専門学校レベルの資格で勤め始め、例えば30歳になってからHBOの資格を取る人もいたりします。
農林業に関わる教育や開発を支える財団があるとは知りませんでした。
生きたお金の使い方だなと思います。


ガーデンプランツの展示会で説明してくれる人たちは、3か国語くらいは普通に話せるみたいです。

鉢物も画像競りに

 ロイヤルFHは、鉢物の画像競りを導入する。今週初めに一部の生産者とバイヤーが画像競りの導入に異議を申し立てたが、市場は当初からの計画は変更しない姿勢だ。
 鉢物の画像競りへの移行は、ロイヤルFH2020戦略の一環のひとつで、デジタル化は戦略基準となっている。市場のプレス担当は、「10月4日にアールスメアとナールドヴァイクでスタートする画像競りは、諮問委員会や顧客プラットフォーム、理事会、会員総会との調整をしっかり行った上で決定されたものだ。現在、一部の生産者とバイヤーが従来方法の鉢物競り廃止に異議を申し立てているが、市場は彼らとこの異議申し立てについて一緒に解決方法を探りたいと考えている。そのため、反対グループの4名が「鉢物競りの強化を考える」代表者グループに加わることとなった。8月1日には代表者グループの会合があり、画像素材の品質や陳列ケースの使用方法、衝動買いを誘う代案などについて話し合うことになっている。」と語った。
(2017年7月28日 Bloemisterij
~~~
切り花はすっかりデジタル化され、とうとう鉢物の番が回ってきました。
花店向けに用意したN支所内の競り場は10月1日には閉鎖(6月中旬新聞記事)。
8月1日より、使用画像と届いた商品に相違がある場合は、クレームを入れても良いことになります(7月27日記事)。競りにかかっている商品画像の信頼性を高めるためだそうですが、品目によっては咲くスピードが画像と合わないことあるので、画像に撮影日も記入する試みも行います。

花はモノ。
いけばなに合う花材は、これからもっと生産者さんを探さないと。。。